Linux 5.17がリリース - AMD P-Stateドライバーや、新しいハードウェアのサポート

S 20220321 95730

Linux開発者のLinus Torvalds氏は3月20日(現地時間)、当初の予定より1週間遅れてLinux mainline Kernelの最新版「Linux 5.17」をリリースしました(Phoronix)。

Linux 5.17には、ACPI CPUFreqに代わる新しいAMD P-Stateドライバ、KVM仮想化のIntel AMXサポート、Intel Raptor Lakeの早期有効化、Intel Platform Firmware Runtimeの更新、Universal Stylusのサポート、各種パフォーマンスの最適化など、多くの新機能が追加されています。

Linus氏はv5.17のアナウンスで以下のように説明しています。

So we had an extra week of at the end of this release cycle, and I'm happy to report that it was very calm indeed. We could probably have skipped it with not a lot of downside, but we did get a few last-minute reverts and fixes in and avoid some brown-paper bugs that would otherwise have been stable fodder, so it's all good.

このリリースサイクルの最後に1週間余分な時間があったわけだが、実に落ち着いたものだったことを報告できるのは嬉しい限りだ。しかし、最後の最後でいくつかのリバートとフィックスを行い、さもなければ安定版の餌食になっていたであろういくつかのブラウンペーパーバグを回避できたので、すべて良しとします。

Linux 5.17の新機能の詳細はこちらでまとめられています。

スポンサーリンク