iPadOS 16で「M1 iPad」以外が使える新機能がしょぼいとの指摘

Apple WWDC22 iPadOS16 hero 220606

AppleはWWDC22の基調講演で、iPadOS 16を発表しました。

iPadOS 16の新機能の中では、従来のマルチタスク機能を大幅に改善する「ステージマネージャ」が最も注目を集めましたが、ステージマネージャはM1を搭載したiPadのみで使用できる機能であることから、一部のユーザーの批判を集めています。

今回iPadOS 16でM1を搭載していないiPadで、どのような新機能が利用できるのかを、海外テックサイト9to5Macがまとめています。

M1 iPad以外のiPadで使える新機能

iPadOS 16で、M1 iPad以外のiPadが使える主な新機能は以下の通りです。

  • iPad用の天気アプリ。
  • iPad用の新しいロックスクリーン(ウィジェットはまだ)。
  • メッセージの改良。メッセージの編集、取り消し、未開封マークなど。
  • iCloud共有写真ライブラリ。
  • FaceTimeのHandoff。
  • 集中モードの改良。
  • ファイルアプリの改良。

9to5Macは細かな改良点は多数あるものの、大きなセールスポイントとなるような新機能はないと指摘しています。M1を搭載したハイエンドiPadでMagic KeyboardやApple Pencilを使用するのは非常にコストがかかるため、比較的にリーズナブルなM1/M2搭載Macの購入も考えるべきだとまとめています。

スポンサーリンク