iPhone 14 ProだけがA16チップを搭載するという新たな情報。絶対的な差別化が実現か

IPhone 13 Pro Light Blue Side Feature

今年の初め、Apple製品のアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone 14の一部のモデルに、現行のA15 Bionicチップが搭載される可能性があると予想しました。この情報は9to5Macによって独自に検証されましたが、今回TrendForceのレポートも、iPhone 14 Proのみが新しいA16チップを搭載すると述べ、これらの噂を裏付けていることがわかりました(9to5Mac)。

TrendForceは、水曜日に発表した世界のスマートフォン市場に関するレポートの中で、Appleが2022年後半に4つの新しいiPhone 14モデルを導入することに言及しています。ここでTrendForceは「Pro」シリーズのみが最新のプロセッサ(おそらくA16チップを指す)を搭載するとしているのです。

またこのレポートによると、エントリーモデルのiPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13と同じA15 Bionicチップを採用するものの、RAMは4GBではなく6GBのLPDDR4X RAMが搭載されるとのことです。

この決定の背景には、業界全体に影響を与えているチップ不足の影響があり、Appleがサプライチェーン全体を、より高価なiPhone 14モデル(Proモデル)の生産に充てることができるようになる利点があると分析されています。

この噂が本当のものならば、iPhoneのナンバリングモデルとして、初めてプロセッサの異なるバリエーションが登場することになります。戦略が失敗すると、iPhone 13と代わり映えのしないiPhone 14エントリーモデルの購入を見送るユーザーが増える結果ともなりそうですが…。

スポンサーリンク