Amazon、新型の「Kindle」を発表 - USB Type-Cに対応し解像度も向上

  • URLをコピーしました!

S 20220914 103332

Amazonは本日、電子書籍リーダー「Kindle」の第11世代を発表しました。

新モデルはポートがUSB Type-Cとなり、ディスプレイサイズは6インチのままであるものの、解像度は167ppiから300ppiに向上しています。ストレージ容量も8GBから16GBへ向上し、ベゼルが狭くなり、サイズが少し小さくなり、重さは158gと少し軽くなっています(先代モデルより16g減)。

以下のような特徴を持っています。

  • より軽く、コンパクトになったKindle。300ppiの高解像度ディスプレイで、文字と画像をくっきり表示。
  • 光の反射を抑えた、紙のような読み心地。明るさ調節可能なフロントライトやダークモード搭載で、いつでも快適に読書できます。
  • 本に夢中になれる贅沢を。Eメールやソーシャルメディアなどの通知に気を取られることなく、本に集中できる読書のための専用端末。
  • 長時間持続するバッテリー。USB-Cケーブルによる1度のフル充電で、最大6週間読書を楽しめます。
  • 前モデルの2倍の16GBのストレージ。この1台に数千冊を保存できます(一般的な書籍の場合)。
  • Kindle Unlimitedに会員登録すれば、200万冊以上の本・マンガ・雑誌・洋書が読み放題。新しいお気に入りがきっと見つかります。
  • サステナビリティに配慮。Kindle本体には再生利用素材が使用されています。

本体の色は、ブラック/デニムの2種類で、広告ありモデルが10,980円、広告なしモデルが12,980円。発売予定日は10月12日で、現在予約注文可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次