【2/28まで】Kindleストアで「教養としてのAI講義」などが40%ポイント還元!日経BP月間セールが開催中

Pexels photo 415078

AmazonのKindleストアでは現在、日経BPの電子書籍約20冊を対象とした「日経BP月間セール」が2月28日までの期間限定で開催されています。

冊数は少なめですが「教養としてのAI講義」など話題の書籍が40%ポイント還元となっています。

以下気になる電子書籍をご紹介。

教養としてのAI講義 ビジネスパーソンも知っておくべき「人工知能」の基礎知識
メラニー・ミッチェル(著) / 尼丁 千津子(翻訳) / 日経BP(2021-02-11)
価格:¥2,860 / 1161pt (記事公開時)
AI解説本の決定版。「今知るべきAIのすべて」がわかります。 大きな進歩を遂げて、活用が広がる人工知能(AI)。 AIの成果とその仕組みから、多くの未解決問題、 潜在的な利益とリスク、科学的・哲学的な問題まで、 身近になったAIの現況と見通しを深く掘り下げつつ、 わかりやすく説明した1冊です。 世界的名著『ゲーデル, エッシャー, バッハ あるいは不思議の環』著者の 愛弟子が人工知能の仕組みと実用 ...

システム開発のためのWBSの作り方(日経BP Next ICT選書)
初田 賢司(著) / 日経BP(2015-08-04)
価格:¥2,613(5%OFF) / 979pt (記事公開時)
作業計画の極意、ここに完成! 作業の洗い出し・スケジュール作成・工数見積もり・メンバーアサイン システム開発プロジェクトで実施する作業や成果物を分解する 「WBS(Work Breakdown Structure)」をテーマに、 その作り方から活用方法までを実践的かつ分かりやすく解説した1冊です。 日経SYSTEMSで好評を博した連載「はじめてのWBSの作り方」「実践!

なぜ重大な問題を見逃すのか?間違いだらけの設計レビュー改訂版(日経BP Next ICT選書)
森崎修司(著) / 日経SYSTEMS(編集) / 日経BP(2015-10-06)
価格:¥2,926(5%OFF) / 1096pt (記事公開時)
誰でも実践できるレビュー手順書、シナリオを大幅追加 「要件定義書や設計書などのドキュメントレビューに時間をかけているのに、重大な問題を見逃してしまう」。その原因は、間違ったレビューのやり方にある。本書は、誰にでもできる効果的なレビューの手順を解説する実務書だ。チームリーダーおよび数人のレビューアーがドキュメント作成者とともにレビュー会議を開いて問題を指摘する典型的なチームレビューを想定し、リーダー ...

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第3版 知っておきたいOOP、設計、アジャイル開発の基礎知識
平澤 章(著) / 日経BP(2021-04-15)
価格:¥2,640 / 1071pt (記事公開時)
『オブジェクト指向でなぜつくるのか』10年ぶり、待望の改訂第3版! 「これからの10年も通用する基本」を、より多くの読者に身につけてもらうために改訂しました。 現在のソフトウエア開発技術の主役である、オブジェクト指向の全体像とそこに含まれる各技術を平易な文章で核心をズバリと解説します。 生産性のかぎを握るプログラム開発の主要技術をわかりやすく教えるという位置づけは変わりません。

IT負債 基幹系システム「2025年の崖」を飛び越えろ
室脇 慶彦(著) / 日経BP(2019-06-13)
価格:¥2,299(5%OFF) / 861pt (記事公開時)
「2025年問題」を正面からとらえ 未来につながる解決策を示す。 <本書「はじめに」より>  基幹系システムの老朽化は日本で特に深刻だが、問題自体は米国でも指摘されている。米国ではそうした状況を「Technical debt」と呼び、日本語に訳すと「技術的負債」となる。日本はさらに悪い状況にもかかわらず、この問題を「レガシーシステム問題」として長い間放置してきた。

AI解説本の決定版。「今知るべきAIのすべて」がわかる「教養としてのAI講義 ビジネスパーソンも知っておくべき「人工知能」の基礎知識」や、これ一冊で、タスクや成果物の洗い出しをはじめ、工数見積もり、
スケジューリング、メンバーアサインといった、作業計画の極意を習得できる「システム開発のためのWBSの作り方(日経BP Next ICT選書)」。

誰でも実践できるレビュー手順書、シナリオを大幅追加した「なぜ重大な問題を見逃すのか?間違いだらけの設計レビュー改訂版(日経BP Next ICT選書)」や、『オブジェクト指向でなぜつくるのか』10年ぶり、待望の改訂第3版「オブジェクト指向でなぜつくるのか 第3版 知っておきたいOOP、設計、アジャイル開発の基礎知識」。

「2025年問題」を正面からとらえ未来につながる解決策を示す「IT負債 基幹系システム「2025年の崖」を飛び越えろ」。

開催中のその他セール

現在Kindleストアでは以下のセールも開催されています(★★★まとめページ★★★)

AmazonのKindleストアでは現在、各社の電子書籍4000冊以上を対称とした「Kindleマンガ 最大60%OFF キャンペーン」が2月10日までの期間限定で開催されてい
AmazonのKindleストアでは現在、講談社の電子書籍約100冊を対象とした「イッキ読み必至の名作揃い! 石ノ森章太郎デジタル大全冬☆電書大特集」セールが2月10日までの期
AmazonのKindleストアでは現在、幻冬舎の電子書籍約3000冊を対象とした「幻冬舎電本フェス本祭」セールが2月17日までの期間限定で開催されています。 幻冬舎のさまざ
AmazonのKindleストアでは現在、各社の電子書籍9000冊以上を対象とした「最大50% OFF Kindle本 小説・ライトノベルセール」が2月17日までの期間限定で開
AmazonのKindleストアでは現在、インプレスグループの電子書籍2900点以上を対称とした「 【最大50%OFF】2900点以上 インプレスグループフェア」が2月20日ま
AmazonのKindleストアでは現在、角川の電子書籍2000冊を対象とした「ビジネス・実用・エッセイ KADOKAWA春の2000冊フェア(1、2、3、4)」が2月24
AmazonのKindleストアで2022年2月分の「Kindle月替わりセール」が始まりました。 Kindleの月替わりセールは、文学から実用書、技術書、コミックまで幅広い

▼期間不明

AmazonのKindleストアでは現在、電子書籍約350冊を対象とした「新星出版社セール」が開催されています(期間不明)。 セールの詳細は不明ですが、実用書が多数200円均

期間中にぜひどうぞ。

スポンサーリンク