Microsoft、「このPCではWindows 11を実行できません」の誤判定を認める

  • URLをコピーしました!

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Microsoftが先日リリースしたWindowsのメジャーバージョンアップ版「Windows 11」は最小システム要件が厳しく変更され、既存のデバイスがアップグレードできるかどうかユーザーに不安を与えています。

Microsoftは「PC正常性チェックアプリ」と呼ばれる専用の互換性チェックツールを提供しているほか、Windows 10のWindows Update機能を使った互換性通知機能も開発していますが、この機能が間違った判定を行う問題が報告されていることがわかりました(Windows Latest)。

Windows 11と互換性のあるWindows 10デバイスで、Windows Updateを実行した際に「このPCではWindows 11を実行できません」というエラーメッセージが誤って表示される問題です。該当の環境で「PC正常性チェックアプリ」でチェックしたところ互換性ありと表示されるそうです。

PC doesnt meet Windows 11 requirements

問題は広範囲で発生しているわけではないようですが、再起動しても更新プログラムのチェックを実行しても解決しない模様。問題が発生した環境ではWindows Update経由のWindows 11へのアップグレードはできなくなりますが、その場合でもインストールアシスタントやWindows 11のISOファイルを使ったアップグレードは可能です。

幸いなことに、Microsoftはこの問題を認識しており、修正に取り組んでいるとのこと。今後Windows Updateのサーバー側の対応で問題が修正されることが期待されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる