Microsoft、Windows 11が動作しているPCでもWindows 11の要件を満たしていないと警告を表示

Windows 11 requirements not met

Microsoftは、Windows 11で最小システム要件を変更し、ユーザーに多くの不満と混乱をもたらしました。特に対応プロセッサの制限とTPMサポートの義務づけは、かなりインパクトが大きく、Windows 11にアップグレードできないPCが多数存在することが懸念されています。

今回、このシステム要件を満たしていないデバイスに、Windows 11をインストールした場合、設定画面に警告を表示するテストをMicrosoftが実施していることがわかりました(BetaNews)。

Windows情報の探求者Albacore氏がTwitterに投稿した情報によると、Microsoftの社内でテストされている環境では、設定アプリのシステムページに上記警告が表示されるとのこと。

MediaCreationTool.bat、Ventoy、Rufusなどのツールには、インストール時やアップグレード時にシステム要件のチェックを回避するオプションが用意されています。今回の警告はそのようなツールを使って、Windows 11に無理矢理アップグレードしているユーザーをターゲットとしたものかもしれません。

Microsoftは、互換性のないWindows 11デバイスは、今後アップデートを受けられない可能性があると示唆しており、今回の表示は、保証が無い事を明確化するための予防線である可能性があります。

スポンサーリンク