Windows 7/8/8.1用のOneDriveデスクトップアプリは2022年3月で機能停止

S 20211106 101837

Microsoftは11月5日(現地時間)、Windows 7/8/8.1用のOneDriveデスクトップアプリケーションが、2022年3月1日以降に動作しなくなることを発表しました(Microsoft Tech Community)。

個人向けのWindows 7/8/8.1用OneDriveデスクトップアプリケーションは、2022年1月1日以降、アップデートが提供されなくなり、2022年3月1日をもってクラウドとの同期が停止します。これらの環境でOneDriveを使用する場合、OneDrive for Webを使用して、ファイルのアップロード、アクセス、編集、共有機能などを使い続けることができます。

デスクトップ版アプリを使い続けたいユーザーに対しては、可能な場合、Windows 10/Windows 11へのアップグレードが推奨されています。

ビジネス用のOneNoteデスクトップアプリケーションのサポートは、Windowsのサポートライフサイクルに合わせて行われます、Windows 7およびWindows 8.1は2023年1月10日までサポートが延長されているとのこと(Windows 8は2016年1月12日にサポート終了)。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる