OpenSSL 3.0がリリース - 3年に及ぶ作業を経て公開されるメジャーバージョンアップ版

S 20210908 104911

オープンソースのSSLライブラリ「OpenSSL」の最新版v3.0が9月7日(現地時間)に公開されました(Phoronix)。

OpenSSL 3.0は、3年に及ぶ作業を経て公開されたメジャーバージョンアップ版で、OpenSSL 1.1と比較すると拡張性の向上や、アーキテクチャの改善、さまざまなコードの整理が行われています。またライセンスはApache 2.0に変更されています。

主な新機能として、プロバイダベースのアーキテクチャへの移行による柔軟性の向上、libcryptoの適切なHTTP/HTTPSクライアントのサポート、Linux Kernel TLSへの対応、完全にプラガブルなTLSv1.3グループ、新しいエンコーダとデコーダへの対応、完全な証明書管理プロトコル(CMP)の実装、新しいAPI、カーネルTLSへの統合対応などが挙げられています。

OpenSSL 3.0の詳細については、OpenSSL wikiで確認可能です。

スポンサーリンク