TIOBE Programming Language of the Year 2021は「Python」に決定 - Python盤石の体勢へ

S 20220109 205815

TIOBE Softwareがプログラミング言語の人気ランキング「TIOBE Index」の2022年1月分を発表し、2021年に最も人気を集めたプログラミング言語が「Python」であったことを明らかにしました。(ZDNet)。

「TIOBE Programming Language of the Year」は、その年に最も人気を集めたプログラミングに贈られる賞で、Pythonは2回連続の受賞となります。途中C#が史上初のタイトルを獲得する勢いでしたが、先月PythonがC#を上回りました。

Pythonは2021年初頭、TIOBE Indexの3位からスタートし、JavaとCの両方を置き去りにしてTIOBE Indexの1位を獲得しています。現在2位に1%の差をつけていて、2001年のJavaが記録した26.49%には及ばないものの、高い人気を維持したままの状態となっています。

Pythonの対抗馬としては、13位から10位に順位を上げた[Swift」や、14位から13位に上がった「Go」がありますが、順位的にPythonを脅かすほどの人気ではありません。その他「Rust」は26位で変わらず、「Kotlin」は40位から29位に、「Typescript」は42位から49位になっています。

上位20位までのランキングは以下の通りです。

S 20220109 205904

TIOBE Indexはプログラミング言語の人気の指標で、GoogleやBing、Yahoo!、Wikipedia、Amazon、YouTube、Baiduなどの主要な検索エンジンの検索結果を分析して作成されています。IEEE Spectrumや、RedMonkのランキングとならんでプログラミング言語の人気を示す指標の一つとなっています。

スポンサーリンク