ueli - 打倒AlfredやRaycast!オープンソースかつマルチプラットフォーム対応のアプリランチャー

S 20220407 101956

macOSでは「Alfred」や「Raycast」といったコマンド入力式のアプリケーションランチャーが人気です。それはWindowsでも同じで、Microsoftが開発中の生産性向上ユーティリティ「PowerToys」には、「PowerToys Run」と呼ばれる同種のランチャーアプリが含まれています。

それぞれ便利なアプリケーションですが、macOSとWindowsで操作性を統一したいと思っている方は「ueli」を使ってみるとよいかもしれません。

マルチプラットフォームライブラリ「Electron」を使って開発されているオープンソースアプリで、WindowsとmacOSで利用できます。

プラグインで拡張可能で、以下のような特徴を持っています。

  • アプリケーションの検索と起動
  • ブラウザのブックマークを検索
  • 計算
  • 色変換
  • コマンドライン実行
  • コントロールパネル(Windowsのみ)
  • 通貨変換
  • 辞書
  • メール
  • Everything呼び出し(Windowsのみ)
  • mdfind(macOSのみ)
  • ファイルブラウザ
  • OSコマンドの実行
  • OS設定の呼び出し
  • ショートカット
  • シンプルフォルダ検索
  • 翻訳
  • UWPアプリの検索(Windowsのみ)
  • URLを開く
  • Web検索
  • Workflow

以下使用方法を説明します。

ランチャーアプリ「ueli」の使用方法

公式サイトから実行ファイルをダウンロードします。Windows、macOS用それぞれにインストーラー版、ポータブル版が準備されていますので好みのものを使用してください。

macOSのインストーラー版の場合、中に含まれている「ueli.app」をアプリケーションフォルダにコピーすればインストールは完了です(以下macOS版で説明します)。

ueli.appを実行するとメニューバーにアイコンが表示されます。アプリは署名されていませんので、右クリックから開いて実行し、許可を与えて下さい。

S 20220407 104440

▲メニューで「Show」を選べばコマンド入力用のウィンドウが、「Settings」を選べば設定画面が表示されます。「Refresh Indexes」はインデックスの更新を行います。

「Option + スペース」を押すと、コマンド入力用ウィンドウが表示されます。

S 20220407 104526

▲例えば「emacs」と入力すると、「Emacs.app」の他、関連したファイルが表示されます。矢印キーで選んでエンターを押すと選択したアプリを起動することができます。

S 20220407 104952

▲最初に説明した通り、アプリケーションを起動する以外にも多数の機能が利用可能で、例えば計算を行うこともできます。

Settings

▲機能はプラグインとして実装されていており、どのような機能が利用できるのかは「設定」画面で確認することができます。Languageを日本語に変換すると日本語でメニューが表示されます。

ueliで利用可能な主なショートカットキーです。

  • Option + スペース: 検索ボックスを表示。
  • Enter: 選択結果の実行。
  • Shift + Enter: 選択結果を管理者として実行(Windowsのみ)。
  • Tab: パスの自動補完

他にもいくつかのショートカットキーが準備されています。利用可能なプラグインの情報を含め、詳細はGitHubで確認可能です。

まとめ

ueliはWindowsとmacOSで利用できるオープンソースのアプリケーションランチャーです。メモリ消費量が比較的多いといわれる「Electron」が使われているのが気になる部分ですが、そこが許容できるならばかなり便利なランチャーアプリとして使用できそうです。

タイトル ueli
公式サイト https://ueli.app/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7689-ueli
説明 プラグインでさまざまな機能が利用できるオープンソースのランチャーアプリ。