Microsoft、EOLが近いWindows 10 1909/20H2ユーザーに対しアップグレードを促す

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10 Version 1909/20H2をまだ使用しているユーザーに対して注意喚起を行っています(Neowin)。現在、Windows Message centerには以下のような内容が追加されています。

S 20220409 101950

Windows 10 Version 1909/20H2は、5月10日にリリース予定の2022年の5月のセキュリィ更新プログラムによってサポートが終了となる予定です。同アップデートが最後の更新となり、それ以降はセキュリティパッチが提供されなくなるため、悪意のある攻撃を受ける可能性が高くなると考えられます。インターネットに接続しているシステムの場合、サポート中のバージョンにアップグレードすることが特に望まれています。

Windows Updateでは、サービス終了が近いまたはサービス終了から数カ月以内のWindows 10 homeおよび非管理下のビジネスデバイスの機能更新が自動的に開始し、最新バージョンへの強制的なアップグレードが行われます。

記事執筆時、Windows 10の最新バージョンは、21年末に公開された21H2となっています。強制アップグレードが不安な場合、Windows Updateを手動で実行するか、Windows 10の更新アシスタントを実行して手動でアップグレードすることもできます。

なお、Microsoftは可能な場合、Windows 11へのアップグレードを推奨していますが、Windows 11はTPM 2.0など最小システム要件が変更されており、Windows 10が実行可能なデバイスが全てWindows 11へアップグレードできるわけではないことに注意する必要があります。

スポンサーリンク