Windows 10 Version 2004/20H2/21H1用のプレビューアップデートKB5006738が公開 - 印刷の問題やメモリリークの修正

S 20211027 100109

Microsoftは本日、Windows 10 Version 2004/20H2/21H1用の累積アップデートKB5006738を公開しました(Neowin)。

オプション扱いの更新プログラム(プレビュー版)で、多数の不具合が修正されています。

Windows Updateの「更新プログラムのチェック」を利用するか、Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードすることで、手動でインストールすることができます。

目次

October 26, 2021—KB5006738 (OS Builds 19041.1320, 19042.1320, and 19043.1320) Preview

Windows 10 Version 2004/20H2/21H1用の更新プログラムKB5006738では、IPP(Internet Printing Protocol)を使用するプリンターのインストールが正常に行われない場合があるという既知の問題の修正や、メモリリークの原因となるコード整合性の問題の修正、かな入力モードでShift-0キーの組み合わせで疑問符(?)を挿入することができない問題の修正などが行われています。

ハイライト:

  • Updates an issue an issue that might prevent subtitles from displaying for certain video apps and streaming video sites.  

  • Updates an issue that prevents Kana input mode users from inserting a question mark (?) using the Shift-0 key combination.

  • Updates an issue that sometimes causes your lock screen background to appear black if you have set up a slideshow of pictures as your lock screen background. 

改良と修正:

  • Addresses an issue that prevents you from accessing the pre-provisioning page during the out-of-box experience (OOBE). This issue occurs when the credentials page for signing in to Azure Active Directory appears, and you press the Windows key five times.

  • Adds a feature that facilitates certain cross-browser data transfers.

  • Addresses an issue with Assigned Access kiosks that are configured with Microsoft Edge as a kiosk application. These kiosks might sometimes fail to restart Microsoft Edge if users close the browser window.

  • Addresses an issue in which the use of App-V intermittently causes black screens to appear when signing in on the credentials page.

  • Addresses an issue that might prevent subtitles from displaying for certain video apps and streaming video sites.

  • Addresses an issue that prevents Windows 10 virtual private network (VPN) users from connecting to Windows Server 2019 Routing and Remote Access service (RRAS) servers.

  • Addresses an issue that prevents Software-Defined Networking (SDN) virtual machines from working when you configure the Generic Routing Encapsulation (GRE) VPN bandwidth limitation.

  • Addresses a Primary Refresh Token (PRT) update issue that occurs when VPN users sign in using Windows Hello for Business when the VPN connection is offline. Users receive unexpected authentication prompts for online resources that are configured for user sign-in frequency (SIF) in Azure Active Directory-Conditional Access.

  • Addresses an issue that causes Windows to go into BitLocker recovery after a servicing update.

  • Addresses an issue that might cause Kerberos.dll to stop working within the Local Security Authority Subsystem Service (LSASS). This occurs when LSASS processes simultaneous Service for User (S4U) user-to-user (U2U) requests for the same client user.

  • Addresses an issue in Code Integrity that might cause a memory leak.

  • Enhances Microsoft Defender for Endpoint’s ability to identify and intercept ransomware and advanced attacks.

  • Addresses an issue in the OOBE that might cause Windows AutoPilot provisioning to fail.

  • Addresses an issue that prevents Kana input mode users from inserting a question mark (?) using the Shift-0 key combination.

  • Addresses an issue that sometimes causes the lock screen to appear black if you set up slideshow.

  • Addresses a reliability issue with LogonUI.exe, which affects the rendering of the network status text on the credentials screen.

  • Addresses an issue that causes Server Message Block (SMB) Query Directory Requests to fail when the buffer size is large.

  • Addresses a memory leak issue in lsass.exe on domain controllers in the forest root domain that occurs when you have multiple forests and multiple domains in each forest. The SID-Name mapping functions leak memory when a request comes from another domain in the forest and crosses forest boundaries.

  • Addresses an issue with the virtual machine (VM) Load Balancing feature, which ignores a site’s fault domain.

  • Addresses a known issue that might prevent the successful installation of printers using the Internet Printing Protocol (IPP).

更新プログラムには以下の3件の既知の不具合が存在します。

症状 回避策
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージからWindowsをインストールしたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある。 LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームする必要がある。Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要がある。

  • 以下のコマンドラインでmsuからcabを取り出す。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <destination path> 
  • 以下コマンドラインで、先に抽出したcabからSSUを抽出する。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  • この例ではSSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがる。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを入れる。
KB5003690(2021/6/21公開)をインストールした後、KB5004945(2021/7/6公開)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがある。その場合「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示される。 さらなる情報と回避策をKB5003690で確認可能。
信頼されていないドメイン内のデバイスにリモートデスクトップを使用して接続するときに、スマートカード認証を使用すると接続に失敗することがある。 KIR(Known Issue Rollback)によって解決されている。更新が適用されるまで最大24時間かかることがある。企業の管理対象デバイスについては特別なグループポリシーをインストールすることで問題を解消できる。

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる