Microsoft、Windows 11 2022 Updateの最初のアップグレードブロックを確認 - ブルースクリーンが発生する可能性も

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Microsoftは先日、Windows 11の機能アップデート「Windows 11 2022 Update(22H2)」の一般提供を開始しました。

22H2はこれまでと同様に、条件が整ったデバイスから段階的に公開範囲が拡大されていく予定ですが、すでにアップグレードの妨げとなる不具合が1件みつかったようです(Softpedia)。

Windows 11 Version 22H2の既知の不具合をまとめたページには以下のような項目が追加されています。

S 20220922 113931

不具合の内容は、Intelの第11世代CoreプロセッサとWindows 11上で動作するIntel Smart Sound Technology(Intel SST)ドライバーに非互換の問題が存在するというもの。影響を受けるデバイスではブルースクリーンが発生する場合もあるそうです。

問題のドライバーは、Intel Smart Sound Technology (Intel SST) Audio Controllerという名前で、ファイル名はIntcAudioBus.sys、ファイルバージョンが 10.29.0.5152 または 10.30.0.5152とのこと。

問題発生を回避するため、影響をうけるデバイスには、Windows 11 Version 22H2の提供が保留されています。

回避策として、Intel Smart Sound Technologyドライバーをバージョン10.30.00.5714以降または10.29.00.5714以降に更新する方法が提案されています。ドライバーを該当バージョンに更新することで、Windows 11 Version 22H2へのアップグレードが可能となるそうです。

スポンサーリンク