Microsoft、「Windows 11」を正式に発表

S 20210625 94907

Microsoftは6月24日(現地時間)、オンラインイベント「what's next for Windows」を開催し、「Windows 11」を発表しました。2021年後半にリリース予定で、Windows 10からは無償でアップデート可能です。またWindows Insider向けに今月中に早期ビルドが提供されます。

Windows 11では、スタートメニューが刷新され、シンプルで美しいデザインが採用されています。新たに導入されたウィジェットを利用することで、ニュースや株価などのさまざまな情報に素早くアクセスすることができるようになっています。タスクバーに配置されたスタートボタンは画面中央に移動していますが、設定により左寄せすることも可能です。

S 20210625 101458

ウィンドウのスナップ機能も強化され、より直感的にアプリのウィンドウを2/3/4分割して配置することができるようになっています。

S 20210625 95325

Microsoft Teamsが統合されたほか、Androidアプリが動作可能となっています。Amazonとのパートナーシップにより実現した機能で、Microsoft StoreでAndroidアプリを探して、Amazon Appstoreからアプリをダウンロードすることが可能になるとのことです。

Windows 11が動作するシステムの最小要件は、1GHz以上で2つ以上のコアを有する64bitCPUまたはSoC、4GBのRAM、64GB以上のストレージ、9インチ以上のHD解像度のディスプレイなどとなっています。Windows 11が動作するかどうかをチェックするためのアプリも公開されています。

スポンサーリンク