Microsoftのサポートドキュメントでも「Windows 11」が確認

1623778918 snag 0022

Microsoft Japanが提出したDMCAテイクダウン通知で、流出したオペレーティングシステムが「Windows 11」という名前で呼ばれていることが確認されていたなか、Microsoftが公開したサポートドキュメントでも「Windows 11」という名前が使用されている事が明らかとなりました(MSPoweruser)。

今回発見された文書は、GitHubで誤って公開されていたものらしく、現在はすでに削除されています。ただし、保存されているスクリーンショットを確認すると、Windows 11という名前が文書に含まれている事が確認できます。

Windows 11 support document

これまでの情報から、Microsoftが6月24日に発表するのは、Windows 11でほぼ間違いないといえそうですが、Microsoftはリークでは明らかにされていないサプライズを準備している可能性があるとのこと。Windowsユーザーは、イベント当日まで目が離せない状況となっています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる