Windows 11の累積アップデートKB5016629が公開 - 2022年8月の月例更新、スタートメニューが開かない問題が修正

S 20220810 093315

Microsoftは本日、毎月米国時間の第2火曜日に提供している月例更新の一環として、Windows 11の累積アップデートKB5016629をリリースしました(Neowin)。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。

Windows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用して導入することが可能で、変更点は以下の通りです(セキュリティアップデートの内容は日本Microsoftのブログで参照できます)。

August 9, 2022—KB5016629 (OS Build 22000.856)

Windows 11の更新プログラムKB5016629は、更新プログラムKB5015882(2022年7月21日リリース)の修正内容に加え、スタートメニューが開かない事がある不具合の修正や、Windowsオペレーティングシステムのセキュリティが更新されています。

リリースノートは以下の通りです。

ハイライト:

  • Addresses a known issue that might prevent some of you from opening the Start menu.

  • Addresses security issues for your Windows operating system.      

改良と修正:

  • Addresses a known issue that might prevent some of you from opening the Start menu. On the affected devices, clicking or tapping the Start button or using the Windows keyboard shortcut might have no effect.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

対象 症状 回避策
IT管理者 サイトがモーダルダイアログボックスを表示したときに、Microsoft EdgeのIEモードのタブが応答しなくなることがある。モーダルダイアログボックスとは、Webページやアプリの他の部分にアクセスする前にユーザーの応答が必要なフォームやダイアログボックスのこと。 Known Issue Rollback (KIR)によって対処済み。企業環境向けには特別グループポリシーが提供されています。
>IT管理者 XPS ViewerでXML Paper Specification(XPS)ドキュメントを開くことができなくなる場合がある。この問題は、XML Paper Specification(XPS)とOpen XML Paper Specification(OXPS)の両方のファイルに影響する。 現在、解決に向けて取り組んでおり、今後のリリースで最新情報を提供する予定。

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク