【朗報】Windows 11でデフォルトブラウザの設定方法が再び簡単に

Chrome default browser

Microsoftは、Windows 11でデフォルトアプリの設定方法を変更しました。特にデフォルトのWebブラウザを変更するためにはかなり煩雑な手順が必要で、サードパーティ製ブラウザの開発者やユーザーから批判を集めています。

しかし今回、Windows 11の最新の更新プログラムで、デフォルトブラウザをワンクリックで変更することができる機能が追加されることが判明しました(Neowin)。

Microsoftが先日公開した、Windows 11のオプション更新プログラムKB5011563(Buld 22000.593)では、多数の不具合が修正されるとともに、デフォルトのブラウザを簡単に変更することができる新機能が設定画面に導入されています。

例えばChromeをデフォルトブラウザとして設定する場合、以下の手順を実行します。

  • Windows 11 Buld 22000.593以降に更新。
  • 「設定 > アプリ > 既定のアプリ」に移動。
  • アプリ一覧からChromeを選ぶ。
  • 上部にある「規定値に設定」ボタンをクリックする。

もちろん他のブラウザ(例えばFirefox)の場合でも同様です。

S 20220330 103725

ただし、Windows 11のデフォルトブラウザを変更しても、特定のフォーマットには影響せず、PDF、SHTML、SVG、FTP、およびその他のWeb関連ファイルを開くためのデフォルトアプリは、引き続きEdgeとなっているようです。

現在この変更はオプションアップデートKB5011563に含まれているため、来月4月の月例更新とともに広く一般公開されることになると予想されます。