Microsoft曰く、Windows 11のファイルエクスプローラーのタブ機能の搭載にはまだ時間がかかりそう

1649173653 windows 11 file explorer 1

Microsoftは今年の4月に開催されたイベントで、Windows 11に今後搭載予定の新機能として、新しいスナップレイアウトジェスチャーや、スタートメニューのフォルダ機能、ファイルエクスプローラーのタブ機能など注目の新機能をいくつか発表しました。

当時はすぐにでも新機能を試せそうな雰囲気だったのですが、少なくともファイルエクスプローラーのタブ機能に関しては、Windows 11 Version 22H2にも搭載される予定ない見込みが強そうです(Windows Latest)。

Windows 11のファイルエクスプローラータブに関する質問に対し、Microsoftのプログラムマネージャーは、ユーザーはこの機能を待たなければならないかもしれず、その到着は不確実性に満ちていると改めて指摘し、ツイッターで以下のように説明しています。

Features like tabs in File Explorer will show up to Windows Insiders (between the Dev and Beta Channels) when they are ready, we're not as "release" based as we used to be as we mentioned in this blog post back in February.

ファイルエクスプローラーのタブのような機能は、準備ができたときに Windows Insiders (DevとBetaチャネルの間)に表示されますが、2月にこのブログ投稿で述べたように、私たちは以前ほど「リリース」ベースではありません。

この発言は、Windows 11 22H2に、ファイルエクスプローラーのタブが搭載されないことを意味していると受け取ることができます。ただし、機能アップデートではなく累積アップデートや何らかの更新プログラムによって、22H2リリース後に機能が有効になる可能性は残されています。

ファイルエクスプローラーのタブ機能は、今年リリースされたWindows 11のプレビュービルドのひとつに組み込まれ、その後ドラッグ&ドロップをサポートするように改良された後に削除されました。

1649173647 windows 11 file explorer 2

ファイルエクスプローラーのタブ機能は、ウェブブラウザと同様に、ファイルエクスプローラで右クリックし、「新しいタブで開く」を選択することで、その特定のフォルダを新しいタブで開くことができます。またタブを選択してドラッグすることで、エクスプローラで開いているタブを並べ替えることも可能です。

MicrosoftがWindows 10で開発を試みた「Sets」以来、タブ機能は多くのユーザーが待ち望んでいる機能ですが、実際にその機能を使えるようになるまでもう少し時間がかかりそうです。