Windows 11でIntel製のオーディオドライバーを使用するとブルースクリーンが発生

  • URLをコピーしました!

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Microsoftが、Windows 11でIntel製のオーディオドライバーを使用するとブルースクリーンが発生する場合がある既知の不具合を認めています(BleepingComputer)。

Windows 11の既知の不具合をまとめたページには以下のような項目が追加されています。

S 20211117 202240

不具合の内容は、Intel Smart Sound TechnologyドライバとWindows 11の間に、互換性に関する問題が発生しているというものです。影響を受ける特定のバージョンのIntel SSTドライバーをWindows 11で使用している場合、ブルースクリーンを伴うエラーが発生する可能性があるとのこと。

影響を受けるドライバーは、「デバイスマネージャー」の「システムデバイス」の下にある「Intel Smart Sound Technology (Intel SST) Audio Controller」で、ファイル名はIntcAudioBus.sys、ファイルバージョンは10.29.0.5152以前または10.30.0.5152以前とのことです。

安全のため、対象のデバイスはWindows 11にアップグレードされないようにセーフガードが設定されています。

回避策として、Intel Smart Sound Technologyドライバーのバージョン10.30.00.5714以降、あるいは10.29.00.5714以降に更新する方法が提案されており、ドライバーをアップデートした後、アップグレードを阻害する別の問題が存在しない場合は、最大48時間でWindows 11へアップグレード可能になるとのことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる