Windows 11 KB5013943でBSODが発生することをSophosが警告

S 20220511 095703

Microsoftが先日公開したWindows 11の更新プログラムKB5013943では、BSODやブラックスクリーン、アプリがクラッシュする問題認証に関する問題など、さまざまな問題が発生することが知られています。

今回新たに、KB5013943とSophosのアンチウィルスソフトのドライバーとの間に互換性の問題が存在し、BSOD/Stopエラーが発生する可能性があることがわかりました(Windows Latest)。

MicrosoftはまだBSODの問題を認めていませんが、Sophosはサポートドキュメントを公開しています。

ドキュメントによると、Sophos Homeを実行しているWindows 11マシンに、KB5013943をインストールしてマシンを再起動した後、BSOD/Stopエラーが発生する場合があるとのこと。

以下のような説明が掲載されています。

The symptoms involve being unable to get to the desktop after restarting the computer/shutting down powering it back on post-installation of Windows Update KB5013943. This includes a Stop Error Index Mismatch message (Blue Screen),” the security firm noted.

Windows Update KB5013943のインストール後、コンピュータを再起動/シャットダウンして電源を入れ直すと、デスクトップにアクセスできなくなるという症状を含みます。れにはStop Error Index Mismatchメッセージ(ブルースクリーン)が含まれます。

Sophosは回避策としてKB5013943をアンインストールし、更新を一時的に停止する事を推奨しています。

これには以下の手順を実行します。

  • Windows Updateを一時停止して、更新プログラムがインストールされないようにする。
  • 「スタート > 設定 > Windows Update」を選択。
  • 更新を7日間停止。
  • コントロールパネルを開く。
  • プログラムと機能を開く。
  • インストールされた更新プログラムの表示をクリックする。
  • KB5013943を探し、アンインストールする

MicrosoftフォーラムRedditにもKB5013943適用後にBSODが発生したとの報告が行われていますが、これらの原因が全てSophosと関連しているわけではなさそうです。