Windows 11の次期大型アップデートは2022年の夏に公開か

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Microsoftの最新のオペレーティングシステム「Windows 11」は、Windows 10の後継版として大きな期待を集めていますが、Windows 11の歴史はまだ浅く、従来のWindowsで使用できていた一部の機能が使えなくなったことに対して、不満を訴えているユーザーも多いようです。

現在指摘されているWindows 11の欠点を解消することが期待される次の機能アップデートが、2022年夏に公開される可能性があるとWindows Centralが伝えていることがわかりました。

Windows 11の次期メジャーバージョンアップ版は「Sun Valley 2」と呼ばれ、2022年5月にRTM版が完成し、2022年夏に一般公開されると予想されています。現在のところアップデートの内容は不明ですが、Windows 11 Insider Programでテストされている新機能の多くが一般ユーザーに提供されることが予想されます。

Windows 11 Version 22H2は、Windows 10 Version 1511と同様に、初期リリースに間に合わなかった機能の追加や、調整によってOSを「仕上げる」ことに重点を置いていると言われています。これにはレガシーなUIにも対応した真のシステムワイドダークモードや、タスクバー周辺に欠けていた機能の復活、メモ帳やフォトアプリなどのスタイル変更、ウィジェットの改善、設定のさらなる改良、その他多くの細かい修正が含まれると見込まれています。

スポンサーリンク