Windows 11で指定のフォルダでコマンドプロンプトを起動する方法

S 20220816 134330

Windowsでコマンドプロンプトを使用して作業する場合、目的のフォルダまで移動するのが面倒な事があります

フォルダの階層が深かったり、フォルダ名に日本語が含まれている場合、「cd」コマンドで移動するのも面倒なことがあるからです。

そのような場合、ファイルエクスプローラーで開いているフォルダをカレントフォルダとして、コマンドプロンプトを起動できると便利です。

以下その方法を説明します。

「ターミナルで開く」コンテキストメニューを使用

ファイルエクスプローラーで目的のフォルダを表示し、何もない場所を右クリックします。

S 20220816 134444

▲右クリックメニューで「ターミナルで開く」を選ぶと、ファイルエクスプローラーで開いているフォルダをカレントフォルダ/ディレクトリとしてWindows Terminalが起動します。

S 20220816 134529

▲ただし、このままだとデフォルトプロファイルであるPowerShellが起動するかもしれません。そのような場合、Windows Terminalの設定からコマンドプロンプトをデフォルトに変更しておきます。

S 20220816 134617

▲下矢印をクリックし「設定」を選びます。

S 20220816 134705

▲既定のプロファイルを「コマンドプロント」に変更します。

アドレスバーに「cmd」と入力

ファイルエクスプローラーのアドレスバーを利用してコマンドプロンプトを起動する事もできます。ファイルエクスプローラーで目的のフォルダを表示します。

S 20220816 134820

▲アドレスバーに「cmd」と入力しEnterキーを押します。

S 20220816 134916

▲コマンドプロンプトが開きます。

まとめ

Windows 11で指定のフォルダをカレントフォルダ/ディレクトリとして、コマンドプロンプトを起動する方法を説明しました。

Windows 11を使いこなすための情報は以下のページにまとめています。

Microsoftは2021年10月5日現地、Windowsのメジャーバージョンアップ版「Windows 11」の一般提供を開始しました。 Windows 1

スポンサーリンク