Windows 11のタスクマネージャーに新たなショートカットキーが追加

S 20220416 205225

Microsoftは、Windows 11のタスクマネージャーの改良を継続的に進めています。

これまで行われたタスクマネージャーの変更は主にUIに関するもので、ライト・ダークテーマに対応したほか、今まで上部のタブで切り替えていた各種機能へ、左側のペインからアクセスできるようになっています。

これに加え、Windows Insider Program参加者向けに公開されたWindows 11の最新のDevチャンネルビルドでは、タスクマネージャーに新しいキーボードショートカットが追加され、使い勝手の改良も行われています。

リリースノートによると追加されたショートカットは以下の通りです。

  • Alt + N: 新しいタスクの実行。
  • ALT + E / DEL: タスクの終了。
  • ALT + V: 効率モード。
  • Ctrl + Tab / Ctrl + Shift + Tab: タスクマネージャーのページの切替

なお、ALTキーを押した場合、ボタンの横に文字が表示されるとのことです。

これらの機能がいつWindows 11の製品版に反映されるかは不明ですが、タッチやマウス操作よりもキーボードショートカットが好きなパワーユーザーならば、覚えておきたい操作方法だといえそうです。

スポンサーリンク