WSLがsystemdをサポート - MicrosoftとCanonicalが協力

S 20220914 115442

Microsoftは9月21日(現地時間)、Windows Subsystem for Linux (WSL)がsystemdをサポートした事を発表しました(Windows Command Line)。WSLに大きな変更を加える必要があったため、当面はサポートをオプトインする必要があり、既存のWSLディストリビューションは影響を受けないようになっているとのことです。

systemdはUbuntuやDebianなど、多くのLinuxディストリビューションでサポートされている、システム設定ユーティリティです。systemdが実行可能となったことにより、サービスを管理するためのsystemctlコマンドが利用可能となったほか、CanonicalのSnapや、Kubernetesをローカルで動作させる事ができるmicrok8sなどが利用可能となります。

Microsoftは、WSLの更新版をWindows Insiderにまず配布し、数週間後に全ユーザーに提供する予定です。Insiderでない場合でも、GitHubから最新のWSLリリースをダウンロードすることでsystemdを試すことができます。systemdを有効にするために必要なバージョンは0.67.6以降で、/etc/wsl.confに以下の行を追加する必要があります。

[boot]
systemd=true

編集後、PowerShellからwsl.exe --shutdownを実行し、ディストロを起動すると、systemctl list-unit-files --type=serviceでsystemdが起動していることを確認できるはずです。

WSLでsystemdを使って何ができるかに関しては、Canonicalのブログでも詳しく説明されています。

スポンサーリンク