iFixit、iPhone 13 Proの分解レポートを公開 - 少し修理が難しくなったことが判明

Ifixit full 13 teardown

iFixitが「iPhone 13 Pro」の分解レポートを公開しました(MacRumors)。

レポートによると、iPhone 13 Proの内部には、修理の際に裂けやすいセンサーケーブルが存在する模様。iFixitはこれを「恐ろしく薄い」と表現しています。Haptic Touchを制御するTaptic Engineは小さくなっているように見えるものの、重量は4.8gから6.4gに実際は増えているとのこと。

ディスプレイのタッチ層とOLED層を一体化したタッチ一体型OLEDパネルによって、コスト、筐体の厚さ、ケーブル数の削減が実現し、フラッドイルミネーターとドットプロジェクターが1つのモジュールに統合されたことがノッチのサイズの縮小に貢献しているのではないかと推測されています。

Face IDのハードウェアはディスプレイから独立しているものの、ディスプレイを交換するとFace IDが無効になるそうで、修理の際は、Appleが認証した修理業者に頼む必要があることになります。

バッテリー容量は11.97Whで、昨年のモデルとは異なりL字型のデザインになっています。6GBのSK Hynix LPDDR4X RAMや、Appleが設計した電源管理チップ、超広帯域チップなども確認されています。

Ifixit iphone 13 pro disassembled

修理しやすさを示す、Repairability Scoreは5(10が最高)で、交換が難しいFace IDディスプレイや、二重ガラス、防水方法が修理を困難にしていると説明しています。