iPhone 13はわずかに厚くなりカメラの出っ張りが大きくなる

IPhone 13 Camera Backs

MacRumorsはiPhone 13シリーズの回路図を確認し、iPhone 13の厚みはiPhone 12よりわずかに増し、背面カメラ部の出っ張りが大きくて厚くなる(ただしレンズの出っ張りは少なくなる)と伝えています。

この情報によると、iPhone 13/13 Proの厚さは、iPhone 12の7.4mmから7.57mmに増加するとのこと。わずか0.17mmの増加で、ほとんどの人が気にならない変更だと説明しています。

一方、背面カメラの出っ張りに関する変更はもう少し顕著で、厚みに関してはiPhone 12/12 Proの1.5mm〜1.7mmから、iPhone 13/13Proの2.51mm〜3.65mmに変更される模様。この変更は個々のレンズの出っ張りを目立たないようにするための意味があるようです。

また大きさも変更されていて、iPhone 12/12 Proの28mmx30mmから、iPhone 13は29mmx29mmとより正方形に近い形となり、iPhone 13 Proは、26mmx37mmに大きくなっているそうです。

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxではカメラ機能の改良が計画されていて、背面カメラ部のサイズが大きくなる原因となっているそうです。