M1 MacBook Air用にNIMASO USB C 変換アダプタを購入

IMG 7641D

昨年末Apple M1プロセッサを搭載したMacBook Airを購入しました。

仮想Windows 10は使えませんが、それ以外の部分では処理速度も速く概ね満足しています。しかし、本格的に使い込むにあたり、接続端子がUSB-Cポートx2しか存在しない事が不便に感じてきました。

1つは電源に使っているので、実質USB-Cポートが1つしか空いておらず、しかも手元の外付けHDDケースはUSB 3.0(Type A)のものしかないため、そのままでは接続できないのです。

このような場合、USB-C対応のハブを準備するのもありだと思いますが、今回はより安価な変換アダプタ「NIMASO USB C 変換 アダプタ」を購入して使ってみることにしました。

2個入りで1000円以下なので、1個500円以下の値段ということになります。ケーブルの規格は、USB3.0規格に準拠し、データ転送速度は最大5Gbpsまでの対応です。

NIMASO USB C 変換 アダプタを購入

NIMASO USB C 変換アダプタの外観です。

IMG 7626

▲このような箱に入って送られてきました。

IMG 7627D

▲箱の中身です。アダプタは紙につつまれています。

IMG 7628D

▲アダプタは2個入りです。ケーブル部分はナイロン製で頑丈そうです。

早速このアダプタを使用して、M1 MacBook Airに外付けHDDを接続してみたところ問題無く使用できることを確認しました。

まとめ

NIMASO USB C 変換アダプタは最近のMacのようにUSB-C端子しか搭載していないMacにUSB 3.0の外付けHDDを接続する場合などに使用することができます。ハブのように大量のデバイスを接続することはできませんが、安価かつシンプルで使いやすいと思います。