Git 2.31がリリース - Cへの書き換えが進む

S 20210316 110942

Git開発チームの濱野純氏は3月15日(現地時間)、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版「Git v2.31.0」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。

Git v2.31.0はv2.30.0以来、23人の新人を含む85人の貢献者によって作成された、679件の非マージコミットで構成されたリリースとなっています。

Git v2.31には以下の新機能が含まれています。

  • "git bisect" サブコマンドの多くがCコードに書き換えられた。移行完了によってgit bisectの操作が高速化することが期待できる。
  • FSMONITORの統合に向けた作業の開始。
  • SHA-256ハッシュへの移行を考慮し、「SHA1」を含む名前をさらに廃止。
  • Git自身が、デフォルトでmasterではなくmain branchという名前を使えるようにするための準備作業の継続。
  • Git 2.30.2では対処された、リモートコードが実行される可能性がある「git clone」の最近発見された脆弱性の修正。

新機能の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認することができます。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。

スポンサーリンク