Microsoft Edgeにタブ共有機能が追加

S 20210430 205617

Windows 10とAndroid向けに配信中のMicrosoft Edge Canaryの最新版で、タブを別のデバイスに送ることができる新機能のテストが始まったことがわかりました(Windows Latest)。基本的には、Chromeでは2019年から利用できる「お使いのデバイスに送信」機能と同様に、他のデバイスとページを共有することができる機能です。

新機能を使用するには、Windows 10のMicrosoft Edge Canary 92.0.873.0、Androidでは92.0.870.0以降が必要です。デスクトップ版ではリンクやタブの上を右クリックし「デバイスにリンクを送信」というオプションを選択します。Android版では共有メニューから「自分のデバイスに共有」オプションを選びます。

現在この機能の開発は始まったばかりでmacOSでは使用することができない状態のようです。一般公開される時期は不明ですが、Edge 92安定版以降になるとみこまれます。

スポンサーリンク