Microsoft Edgeを使いたくなる「スマートコピー」機能がテスト可能に

S 20201125 100818

Microsoftは現在、Chromium版のEdgeでスマートコピーと呼ばれる新しい機能をテストしています。

スマートコピー機能は通常のコピー機能とは異なり、Webページの特定の範囲を選択し、そのフォーマットを維持したままコピーできるという特徴を持っています。例えば表の一部を選択し、Microsoft WordやOneNoteなどの各種アプリにコピーした内容を貼り付けて再利用することができるようになるのです。

この機能がMicrosoft EdgeのCanaryビルドに実装されてテスト可能になったことがわかりました(Windows Latest)。

Microsoft Edge Canaryのスマートコピー機能

Microsoft Edge Canaryでスマートコピー機能を使用するにはまず、「Ctrl+Shift+X(Windows)」または「Cmd+Shift+X(Mac)」のキーボードショートカットを入力します。

S 20201125 100818 2

▲範囲選択が可能となります。コピーしたい範囲をドラッグして囲みます。選択範囲は自動的に認識され、右下の「コピー」ボタンをクリックすることで内容をコピーすることができます。

上記内容を例えばOneNoteに貼り付けると以下のようになります。

S 20201125 100857

▲ハイライトされた領域が適切にコピーされていることがわかります。通常のコピー機能では難しい、表の特定部分(列のみなど)のコピーが可能なほか、画像やリンクなどを選んでも適切にコピーすることができるのです。

MicrosoftはChromium版Edgeに、縦型タブやWebキャプチャー機能など、Google Chromeにはない独自機能を積極的に追加しています。スマートコピー機能もユーザー獲得のための魅力的な機能の1つとなりそうです。

スポンサーリンク