Windows DefenderがCCleanerを潜在的に不要なアプリケーションとして分類 - その心は?

Ccleaner

MicrosoftのアンチウイルスソフトであるWindows Defenderが、CCleanerのインストーラーの一部を、潜在的に不要なアプリケーション(Potentially Unwanted Application = PUA)として分類していることがわかりました(gHacks)。

CCleanerは不要なファイルを削除したり、ヘルスチェックを実行したり、レジストリをクリーンアップしたりすることができるWindows用のユーティリティです。

潜在的に不要なアプリケーションは、悪意のあるものはないものの、ユーザーが望まないものである可能性があるアプリケーションを指していて、CCleanerの場合は、14日間試用版の特定のインストーラーに複数のアプリケーションがバンドルされていることが原因となっている模様です。

具体的には以下のバンドルアプリがリストアップされています。

  • Google Chrome
  • Google Toolbar
  • Avast Free Antivirus
  • AVG Antivirus Free

それぞれ個別にインストールしても問題はないアプリですが、インストーラーでデフォルトでチェックがついているため意図せずインストールしてしまう場合もあるようです。

コンピューターをクリーンに保ちたい方は注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク