Yippy - macOS用のオープンソースのクリップボードマネージャー

Screenshot ba2f7cf4

macOSではファイルやテキスト、画像といった、コピーしたアイテムが「クリップボード」に保存されます。

OS標準の機能では、直近にコピーした内容をペースト時に利用することができるだけですが、クリップボードマネージャーと呼ばれるソフトを利用すれば、過去にコピーした複数のアイテムの内容を確認したり、再利用したりすることが可能となります。

本日紹介する「Yippy」もそのようなmacOS用のクリップボードマネージャーアプリの一つです。オープンソースソフトで無料で利用することができ、ショートカットキーやマウスを利用して素早くクリップボードの内容を操作することができます。

次のような特徴を持っています。

  • Command(⌘) + Shift + vでトグル。
  • 貼り付けたい項目をクリックまたは上下の矢印で選択する。
  • Enterキーを押すと、選択したテキストが現在のカーソル位置にペーストされる。
  • Yippyのウィンドウは画面の左、右、上、下の部分にフローティングさせることができる。
  • 最近コピーされた10個のアイテムのホットキー。
  • 履歴に残った項目を簡単に削除できる。

以下使用方法を説明します。

Yippyの使用方法

Yippyの公式サイトからdmgファイルをダウンロードし、中に含まれている「Yippy.app」をアプリケーションフォルダにコピーして実行します。

S 20210613 115415

▲初回実行時は「システム環境設定」の「アクセシビリティ」で「Yippy」に許可を与える必要があります。

アプリ実行後、テキストや画像をコピーし、Command + Shift + Vを押すと以下のような画面が表示されます。

S 20210613 115604

▲コピーした画像やテキストの情報が確認できます。マウスクリックで選択できるほか「Command + 0」「Command + 1」のようにショートカットキーで選択することもできます。

メモ帳やテキストエディタをフォアグラウンドにしてからショートカットキーを押すと、アプリにその内容を貼り付けることができます。

まとめ

Yippyはシンプルで使いやすいmacOS用のクリップボードマネージャーアプリです。今後検索や、自動更新、お気に入りなどの機能を追加する予定もあるようです。クリップボードを有効活用したい方は試してみてはいかがでしょうか。

タイトル Yippy
公式サイト https://yippy.mattdavo.com/
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7663-yippy
説明 シンプルで使いやすいオープンソースのクリップボードマネージャー。

スポンサーリンク