Microsoft、機械学習を使ってWindows 10 20H2への強制アップグレードを開始

Windows 10 logo

Microsoftが今後数週間の間に、古いバージョンのOSを実行しているデバイスに対し、Windows 10 Version 20H2のインストールを開始する計画を明らかにしました(Windows Latest)。スムーズな体験を保証するため、機械学習を利用して互換性のあるハードウェアに対し自動アップグレードを行う予定とのことです。

Windows 10 Version 20H2の「現在の状況」には、以下の内容が掲載されています。

Windows 10, version 20H2 is available for users with devices running Windows 10, who manually seek to “Check for updates” via Windows Update. We have started a new phase in our rollout. Using the machine learning-based (ML-based) training we have done so far, we are increasing the number of devices that are approaching end of service to update automatically to Windows 10, version 20H2. We will continue to train our machine learning through all phases to intelligently rollout new versions of Windows 10 and deliver a smooth update experience. The recommended servicing status is Semi-Annual Channel.

今後、Windows 20H2に自動アップデートする、サービス終了が近づいているデバイスの数を増やしていくとのことです。

Windows 10 Version 1903はすでにサポート期間が終了し、Version 1909も今年の春には終了します。自動アップデートを避けたい場合、Windows 10 Version 2004または20H2にアップグレードするのが推奨されます。

スポンサーリンク