MicrosoftのWindows Subsystem for Androidのパフォーマンスはかなり良好か - ベンチマーク結果が発見される

S 20210906 100434

MicrosoftはIntelらと共同で、Windows 11用のAndroidエミュレーター「Windows Subsystem for Android(WSA)」の開発を進めています。

WSAによって、Amazon App Storeで提供されている多彩なAndroidアプリがWindows 11で動作することが期待されますが、エミュレーターによる実行ということで、パフォーマンスが低下するのではないかとの不安も残されていました。

しかし、今回Geekbenchに登録されたベンチマークのスコアによると、WSAがかなり良好なパフォーマンスを発揮していることが明らかとなりました(MSPoweruser)。

WSAは、8コアのQualcommプロセッサと4または6GBのRAMを搭載したクアルコム製プロセッサをエミュレートしているようで、スコアはSamsung Galaxy S20に近いものとなっているようです。

S20 geekbench

WSAの要件は最低8GBのRAMなどと設定されており、この高い要求が良好なパフォーマンスに結びついている可能性はあります。

Windows Subsystem for AndroidはWindows 11のリリース日である10月5日には間に合わず、後日アップデートで提供される予定です。アプリのプレースホルダもMicrosoft Storeで発見されています。