Windows 10 21H1 19043を今すぐ有効にする方法

Windows 10 21h1 19043 schon aktivieren

Windows 10の次期機能アップデートWindows 10 Version 21H1はこれまでの慣習を破り、マイナーバージョンアップになるのではないかと予想されています。

この情報はベータ版のレジストリエントリからも確認されていたなか、いますぐWindows 10 Version 21H1をアクティブ化する方法が存在することがわかりました(Deskmodder.de)。

現在Windows 10 Insider ProgramのBeta/Release Previewチャンネルユーザー向けに公開されているKB4598291をインストールしている環境では、管理者権限のコマンドプロンプトからDISMコマンドを利用して、21H1に変更することができます。

英語版のx64環境では、以下のコマンドを実行します。

Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-product-data-21h1-ekb-package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-product-data-21h1-ekb-package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-product-data-21h1-ekb-wrapper-package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-product-data-21h1-ekb-wrapper-package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-updatetargeting-clientos-21h1-ekb-package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-updatetargeting-clientos-21h1-ekb-package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-updatetargeting-clientos-21h1-ekb-wrapper-package~31bf3856ad364e35~amd64~~10.0.19041.782.mum
Dism /Online /Add-package:C:\Windows\servicing\Packages\microsoft-windows-updatetargeting-clientos-21h1-ekb-wrapper-package~31bf3856ad364e35~amd64~en-US~10.0.19041.782.mum

「en-US」の部分は言語ごとにことなり、日本語では「ja-JP」のように置き換えます。

コマンド適用後、再起動して「winver」を確認すると「Windows 10 Version 21H1(build 19043)」と表示されます。21H1は20H2と同様に機能有効化パッケージによって1回の再起動で短時間で更新できることが予想されます。

スポンサーリンク