Windows 10 Insider Preview Build 21364が公開 - WSLでLinux GUIアプリをサポート

S 20210422 100923

Microsoftは本日、Windows 10のプレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 21364」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の開発ブランチから直接公開されるもので、将来の機能アップデートで追加される可能性のある、さまざまな新機能が先行して実装されています。Windows Insider Programの更新オプションでDevチャンネルを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

なお、Devチャンネルは新機能が先行して追加されるかわりに不安定になりやすく、安定性を求めるユーザーに対してはBeta/Release Previewチャンネルの選択が推奨されています。Windows Insider Programのチャンネルごとのビルドの提供状況はFlight Hubで確認可能です。

目次

Build 21364の新機能

Build 21364の新機能は以下の通りです。

Windows Subsystem for Linux(WSL)でLinuxのGUIアプリを直接実行可能に: Windows Subsystem for Linuxに、GUIアプリケーションのサポートのファーストプレビューが追加された。LinuxのGUIエディタ、ツール、アプリケーションを実行可能。詳細はこちら

タスクマネージャーがMicrosoft Edgeのプロセス分類をサポート: Microsoft Edgeチームと提携し、タスクマネージャでのプロセス分類をサポートした。Microsoft Edgeのリソース消費を特定できる。タブ、ブラウザプロセス(ブラウザ、GPUプロセス、クラッシュパッド)、ユーティリティプラグイン(ユーティリティ:オーディオサービス拡張)、専用&サービスワーカーなど、いくつかの異なるコンポーネントに分かれている。

Task manager edge

タスクマネージャーのエコモード: タスクマネージャーに「エコモード」とよばれる実験的な新機能が追加された。プロセスのリソースの制限や、すでにエコモードで実行されているアプリケーションの特定に利用可能。

Task manager eco

プロセスでエコモードを有効にするには、タスクマネージャーでプロセスタブを開き、右クリックから「エコモード」を適用する。

日本語の50音タッチキーボード: 日本語用の新しいタッチキーボードレイアウト「50-on touch keyboard」を導入。日本のKIOSK端末で広く使われている人気のレイアウトで、ひらがなの入力方法を知らなくても、直感的に日本語を入力することができる。

1 Japanese50onTouchKeyboardHiraganaView

公式ブログには細かな不具合の修正や、既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる