Windows 10の機能アップデートに備える信頼性改善パッチKB4023057が再びロールアウト

Windows 10 logo

Windows 10 Version 1909のサポート期間の終了が来月に迫り、Windows 10 Version 21H1の公開が近づきつつあるなか、一部ユーザーに対し、信頼性改善アップデートKB4023057のロールアウトが再び始まったことがわかりました(Windows Latest)。

KB4023057は2018年に初めてリリースされ、以降も機能アップデートが公開されるごとに更新され続けています。サポートドキュメントでは、Windows Update Serviceコンポーネントの信頼性を改善し、機能アップデートを円滑にインストールための更新プログラムだと説明されています。

KB4023057は3月末に更新されて20H2に対応しており、今回追加の変更が行われたかどうかは定かではありません。ただし、Windows 10 Version 1909またはWindows 10 Version 20H2にパッチが適用されると、プログラムのリストに「Microsoft Update Health Tools」がインストールされ、すでにアプリが存在する場合、バージョンが、2.75.0.0から2.77.0.0に更新されたという報告もあるようです。

Microsoft Update Health Toolsアプリケーションは、ネットワーク設定の変更、レジストリキーのクリーンアップ、無効または破損したコンポーネントの修復、ディスクスペースの解放、Windows Updateデータベースのリセットなどを行い、デバイスが次の機能アップデートに対応できるように準備するために必要となります。

スポンサーリンク