Windows 10の新しいディスク解析ツール「DiskUsage」

S 20201217 130959

Windows 10の最新のプレビュービルドに、ディスクの使用状況を調査することができる新しいツール「DiskUsage」が追加されていることが分かりました(gHacks)。

現在開発中で、パラメータや一部の機能はまだ正しく動作していないようですが、ツールは「C:Windows\System32\diskusage.exe」に存在します。実行する場合、パスの指定は不要ですが、管理者権限で起動したコマンドプロンプト、またはPowerShellプロンプトから実行する必要があります。

コマンドで指定できるオプションは「diskusage /?」で確認可能です。

> diskusage /?

DiskUsage - ディスクの使用状況

説明: 指定されたディレクトリのディスク使用量を再帰的に要約します。
使用状況      : diskusage [Options] [Directory]
オプション    :
    /a, /systemAndReserve    システム ファイルと予約済みスペースのサイズを表示します
    /c, /csv                 csv 形式で表示します
    /d, /maxDepth=N          コマンド ライン引数より N レベル以下の場合にのみ
                             ディレクトリ情報を表示します
    /e, /minFileSize=SIZE    FileSize が SIZE 以上の場合にのみ
                             ディレクトリ情報を表示します
    /f, /minSizeOnDisk=SIZE  SizeOnDisk が SIZE 以上の場合にのみ
                             ディレクトリ情報を表示します
    /g, /displayFlag=FLAG    表示する列を決定するためのフラグ値を指定します
                             列          値    説明
                             SizeOnDisk      0x001    ディスク上のサイズ
                             FileSize        0x002    ファイル サイズの終わり
                             SizePerDir      0x004    トップ レベルの子の SizeOnDisk の合計
                             ファイル           0x008    子ファイルの数
                             ChildDirs       0x010    子ディレクトリの数
                             FilesPerDir     0x020    トップ レベルの子ファイルの数
                             DirsPerDir      0x040    トップ レベルの子ディレクトリの数
                             CreationTime    0x080    ファイル作成のタイムスタンプ
                             LastAccessTime  0x100    ファイルの最終アクセス タイムスタンプ
                             LastWriteTime   0x200    ファイルの最終書き込みタイムスタンプ
                             属性      0x400    ファイル属性
    /h, /humanReadable       サイズを人間が読める形式で表示します
    /i, /iniFile=FILE       INI ファイルからすべてのパラメータを取得します。
                             注: SCENARIO 名は /j (/scenario) で指定する必要があります
    /j, /secnario=SCENARIO   INI ファイルのシナリオ名を指定します
    /l, /allLinks            すべてのハードリンクを個別にカウントします (既定では、複数のハードリンクを持つファイルは、
                             最初のリンク名に対して 1 回だけカウントされます)
    /m, /multipleName        複数のリンク名を持つファイルのみをカウントします
    /n, /nameFilter=FILTER   名前が名前フィルターと一致するファイルのみをカウントします
    /p, /preferredPath=PATH  複数のリンク名を持つファイルが存在する場合は、PATH の下にある
                             最初のリンクに向かってカウントします
                             注: このオプションは、/l (/allLinks) と一緒に
                             指定しないでください
    /q, /virtual             仮想ディレクトリに再帰します
    /r, /skipReparse         再解析ディレクトリへの再帰をスキップします
    /s, /skipResurse         サイズを計算するときに子ディレクトリへの再帰をスキップします
    /t, /TopDirectory=N      SizeOnDisk ごとの上位 N ディレクトリを降順で表示します
    /u, /TopFile=N           SizeOnDisk ごとの上位 N ファイルを降順で表示します
    /v, /verbose             詳細なエラー情報を表示します
    /x, /clearDefault        既定で選択された列を表示しません

DiskUsageの主な目的はサイズに基づき特定のファイルやフォルダを探すことにあり、例えばminFileSizeやminSizeOnDiskによって指定したサイズ以上のファイルを、TopFileでトップNファイルを、TopDirectoryでトップNディレクトリを探すことができます。

出力をカスタマイズすることも可能で、displayFlagで表示したい列を指定したり、/csvで出力をCSV形式に変更したり、/hを指定して人間に読みやすい形で表示したりすることができます。

一般ユーザーがディスク情報を知りたい場合、WizTreeのようなGUIツールを使う方が簡単ですが、コンピューターに詳しい、上級ユーザーの方にとっては知っておくと便利ツールとなりそうです。