Microsoft、Windows 10 version 21H2も今年後半に公開

Windows 10 logo

Microsoftは先日、Windowsのメジャーバージョンアップ版である「Windows 11」を発表しました。Windows 11は新機能が多数追加されている反面、ハードウェアの要件が変更され、Windows 10からアップグレードできないPCも多数存在すると思われるなか、Windows 10の次期機能アップデートである「21H2」が今年後半に公開されることも明らかとなっています(Neowin)。

MicrosoftがWindows 11を紹介したブログ記事の最後に、以下のような情報が掲載されています。

As you make the move to Windows 11, we will continue to support you as you use Windows 10. In fact, we will release Windows 10, version 21H2 in the second half of 2021 with new updates to current features that enable hybrid work like Universal Print and enhancements to management and deployment features like Windows Autopilot.

お客様がWindows 11に移行しても、私たちはWindows 10を使用しているお客様を引き続きサポートします。実際、ユニバーサルプリントのようなハイブリッドワークを可能にする現行機能の新たなアップデートや、Windowsオートパイロットのような管理・展開機能の強化を盛り込んだWindows 10, version 21H2を2021年後半にリリースする予定です。

2021年後半にWindows 10 Version 21H2が公開されるとのことですが、リストアップされている新機能は企業向けのもので、Versionr 21H2にコンシューマー向けの新機能が含まれているかどうかは定かではありません。Microsoftは、21H2にアップデートすることで、「Windows 11への移行を計画する際に、最新かつ安全でサポートされたバージョンのWindows 10を利用することができる」と説明しています。

Windows 11がリリースされたとしても、Windows 10のサポートがすぐに切れるわけではなく、動作確認やテストなどの明確な目的がない場合、あせってWindows 11に移行する必要性は薄いのかもしれません。