MicrosoftがWindows 10Xの機能をWindows 10 "Sun Valley"に移植しようとしている新たな証拠

Windows 10 Action Center upgrade

MicrosoftがWindows 10Xプロジェクトを中止し、UIの刷新を含むWindows 10のメジャーバージョンアップ版「Sun Valley」の開発に注力していると伝えられています。

開発中の背景には軽量OSの需要が少ないとの判断があると見込まれているなか、Microsoftが、Windows 10X向けに開発したUIを、Sun Valleyに移植していることを裏付ける証拠がいくつか発見されたことがわかりました(Windows Latest)。

Windows Latestによると、Windows 10の最新のプレビュービルドのWindowsShellExperienceHost.exeにはいくつかの実験的なフラグが追加されていて、これを有効にすると、Windows 10Xでしか利用できなかった機能が有効になるとのこと。

Action Center

これには例えばアクションセンターの改善が含まれていて、クイックアクションのための「グリッパー」が追加されている模様。画面の端をドラッグすることで、アクションセンターのクイックアクションを表示することができるようになっているそうです。

Sun Valleyアップデートでは他にも、ウィンドウの角を丸める変更や、ジャンプリストや各種メニューがフローティング方式になるなどの改良が行われると見込まれています。

スポンサーリンク