【Tips】Windows 11で自動ログインする方法

WIN Start GenZ Light 16x10 en US 1024x640

Microsoftは2021年の後半に、Windowsのメジャーバージョンアップ版である「Windows 11」の一般提供を開始する予定です。

Windowsを使用する場合、通常はパスワードやWindows Helloなどの認証機能を利用することが推奨されますが、実験環境などで毎回パスワードを入力する手間を省きたい場合、自動ログイン機能を利用すると便利です。

以下Windows 11で自動ログイン機能を有効にする方法を説明します。

Windows 11で自動ログインを有効にする

Windows 11で自動ログインを有効にするには、ユーザーアカウントの設定を変更します。Win+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示し「netplwiz」あるいは「control userpasswords2」を実行します。

User account

▲「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外します。この後表示されるダイアログで自動でログインするユーザー名とパスワードを入力すると設定完了です。

再起動してパスワード入力画面がスキップされる事を確認します。

チェックボックスが表示されない場合はレジストリを変更

ユーザーアカウントの設定画面で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」チェックボックスが表示されない場合、レジストリ設定を変更します。

以下の手順を実行します。

  • regedit.exeを実行。
  • 「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\PasswordLess\Device」に移動。
  • 「DevicePasswordLessBuildVersion」の値を「2」から「0」に変更。

変更後すぐにチェックボックスが表示されるようになるはずです。

詳しくは以下の記事でも紹介しています。

Windows 10では電源オンで自動的にログインするように設定を変更することができます。 この自動ログイン設定は従来、ユーザーアカウントの設定画面で「ユーザーがこの

まとめ

Windows 11で自動ログインする方法はWindows 10と同様です。セキュリティ的には望ましくない機能ですが、安全が確保されている環境で、毎回パスワードを入力するのが面倒という場合は便利な機能です。