Windows 11対応のASRockマザーボードはこちら - TPMを有効にする手順も

S 20210706 104252

Microsoftは先日、Windowsのメジャーバージョンアップ版「Windows 11」を発表しました。

Windows 11はWindows 10の後継バージョンですが、ハードウェアの要件はかなり厳しく設定されており、特にTPM 2.0に関してはサポートしていないデバイスも多く、ユーザーの注目を集めています。

今回PC周辺機器メーカー「ASRock」がWindows 11と互換性のあるマザーボードの一覧を公開しています(MSPoweruser)。

目次

Intel Platform

Intel Platformでは以下の製品が対応しています。

世代 サポートチップセット
Intel 100シリーズ Z170、H170、B150、H110
Intel 200シリーズ Z270、H270、B250
Intel 300シリーズ Z390、Z370、H370、B360、B365、H310、H310C
Intel 400シリーズ Z490、H470、B460、H410
Intel 500シリーズ Z590、B560、H510、H570
Intel X299シリーズ X299

これらのマザーボードでTPMを有効にするには以下の手順を実行します。

  • 「Security」ページで「Intel® Platform Trust Technology」オプションを探す。
  • UEFI BIOSの下の「Intel® Platform Trust Technology」を有効にする。

162 1

AMD Platform

AMD Platformでは以下の製品が対応しています。

世代 サポートチップセット
AM4 300シリーズ X399、X370、B350、A320
AM4 400シリーズ X470、B450
AM4 500シリーズ X570、B550、A520
TRX40シリーズ TRX40

これらのマザーボードでTPMを有効にするには以下の手順を実行します。

  • 「Advanced」の「CPU Configuration」ページで「AMD fTPM switch」を探す。
  • 「AMD fTPM switch」オプションを「AMD CPU fTPM」に設定。

162 2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる