Windows 11のMicrosoft Storeは完全なXAML体験を提供

Microsoft Store XAML

Microsoftは、Windows 11でMicrosoft Storeの刷新を約束していてます。

Windows 11のストアはゼロから再設計され、インターフェイス全体の刷新や、応答性の
改良などが行われているといわれていますが、この背後では、HTMLコンポーネントの廃止が行われていることが分かりました(Windows Latest)。

Windows 10では、Microsoft Storeのフロントエンドの一部はHTML/CSSといったWebコンポーネントで構築されています。例えば製品ページは全てHTMLベースなので、「入手」や「インストール」のボタンをクリックしたときの反応が大幅に遅くなっているとのことです。

Microsoftの関係者によると、Windows 11では、既存のストアがXAML/C#で書かれた完全な「UWP」アプリとして生まれ変わったそうです。これによってStoreのパフォーマンスは大幅に改善し、中規模から大規模なアプリやゲームでみられたダウンロードの失敗がなくなり、また大規模なゲームでダウンロード速度が速くなることも確認されている模様です。

Microsoftはまた、Windows 11でStoreのビジネスモデルを変更し、アプリやゲームに対してよりオープンになり、アプリ開発者が独自のコマースシステムを導入できるようになることを約束しています。Adobe社、Zoom社、OBS Studio社、Canva社などの大手企業が新しいMicrosoft Storeに参加することも明らかにされています。

Windows Insider Program参加者ならば、従来のMicrosoft Storeアプリを試用し、新デザインのMicrosoft Storeをダウンロードすることができます。またWindows 10に対しても今年後半に新しいStoreが提供される予定です。