Windows 7でWindows Update経由のドライバーダウンロードが終了

Win7 wallpaper large

Microsoftは6月17日、Windows 7 SP1、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2に対し、Windows Update経由でのドライバーの公開を終了する事を発表しました(Softpedia)。

ただし、ESU(Extended Security Updates)プログラムを利用している場合は、Windows Server Update Services(WSUS)やその他のサポートされている方法で、管理下のデバイスにドライバーを配布することはできるとのことです。

Microsoftは、SHA-2で署名されたドライバーのWindows Updateへの公開を6月17日に中止します。これは、互換性のないSHA-2署名付きドライバーを、パッチが適用されていないシステムに適用すると、機能が低下したりデバイスが起動できなくなったりする可能性があるためです。

Microsoft. Due to the discontinuation and expiration of SHA-1 certificates, partners utilizing the Microsoft Trusted Root Program could publish incompatible SHA-2 signed drivers to unpatched Windows client and Windows Server devices. This, in turn, had the potential to cause degraded functionality or to cause devices to longer boot. This occurs because unpatched systems will have code integrity failures when presented with a SHA-2 signed driver.

To minimize the potential impact of these incompatibilities, Microsoft will discontinue publishing of SHA-2 signed drivers to Windows Update that target Windows 7 SP1, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2 devices on June 17, 2021. While these Windows versions reached the end of support on January 14, 2020, we are making this change to diminish disruptions for users who still remain on these versions of Windows. This includes:

Windows 7、Windows Server 2008、およびWindows Server 2008 R2用のドライバー申請は、2023年1月まで継続して受け付けられ、申請されたドライバーは、ESUプログラムへ参加しているボリュームライセンスユーザーに対して引き続き提供可能です。

スポンサーリンク