Apple、iOS 15.2、iPadOS 15.2、tvOS 15.2、watchOS 8.3、macOS 12.1の各beta 2を開発者に対して公開 - パブリックベータ版も

42432 82351 wwdc 2021 june 7 apple 1 47 23 screenshot xl

Appleは11月9日(現地時間)、iOS 15.2、iPadOS 15.2、tvOS 15.2、watchOS 8.3、macOS 12.1の各beta 2を開発者に対して公開しました(AppleInsider)。同時に本日パブリックベータ版が公開されています。

Apple Developer Programに加入している開発者は、Apple Developer Centerからファイルをダウンロードして最新ベータをインストールすることができます。Apple Beta Software Programに参加しているベータテスターは、同Webサイトを利用して最新版をインストールすることができます。

今回リリースされたソフトウェアのビルド番号は以下の通りです:

名前 ビルド番号 リリース日
macOS 12.1 beta 2 21C5031d 2021/11/09(米国時間)
iOS 15.2 beta 2 19C5036e 2021/11/09(米国時間)
iPadOS 15.2 beta 2 19C5036e 2021/11/09(米国時間)
watchOS 8.3 beta 2 19S5036d 2021/11/09(米国時間)
tvOS 15.2 beta 2 19K5035d 2021/11/09(米国時間)

iOS15.2では、「設定」アプリでApp Activityを確認できる「App Privacy Report」機能が導入されています。過去7日間に、位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先などのユーザーの機密情報に、アプリがどれだけアクセスしたかを確認できる機能で、「設定 > プライバシー > App Privacy Report」で有効にできます。

その他、緊急SOS機能の更新や、ユーザーが死亡した際にApple IDにアクセスできる人を選ぶことができる「Legacy Contact」機能の追加、子ども向けの「メッセージ・コミュニケーション・セーフティー」機能の更新、「探す」機能の更新、メールの作成時や返信時に「自分のメールを隠す」ことができる機能の追加などが行われています。

なお、macOS 12.1のベータ版ではSharePlay機能が復活していることが確認されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる