iOS 15の探す機能は大幅に強化 - 電源オフ/デバイス消去時でも探すことができるように

S 20210608 210043

Appleが今年の秋に公開するiOS 15では「探す」アプリが大幅に改良され、AppleデバイスやAirTagの管理が強化されることがわかりました(MacRumors)。

Appleによると、「ネットワークを探す」を利用すると、デバイスの電源を切った後でもデバイスの位置を特定可能とのこと。この機能は、紛失したデバイスが盗難されて電源がオフになっている場合や、紛失したデバイスのバッテリー残量が少なくなっている場合に役立ちます。機能の詳細は不明ですが、デバイスが最後に確認された場所が利用されるとみこまれています。

また「ネットワークを探す」機能と「アクティベーションロック」の組み合わせによって、デバイスが消去された後でも紛失したデバイスの位置が特定可能になる模様、Appleは、窃盗犯がデバイスを消去して追跡機能を無効にすることができなくなると説明しています。

ロックされたままの盗難デバイスを購入するようなことがないように、Hello画面では、デバイスがロックされていること、位置を特定できること、そしてまだ誰かに所有されていることが表示されるそうです。

スポンサーリンク