iPadOS 15では、iPhoneやiPadで動作するアプリを開発可能

Swift playgrounds app swift ui

Appleは本日、WWDC21でiPadOS 15を発表しましたが、新OSでは、iPhoneおよびiPad用のアプリをiPadのSwift Playgroundsアプリで作成可能となっています(MacRumors)。

iPadOS 15で動作するSwift Playgroundsは、Swift UIを使って、iPhoneおよびiPad用のアプリを作成することができます。Swift Playgroundsアプリのプロジェクトは、Mac上のXcodeで開いて編集することもでき、iPadとMacをまたいでアプリを開発することもできるようになります。

作成したアプリはライブプレビューに反映されその場で確認できるほか、アプリをフルスクリーンで実行してテストすることもできます。また作成したアプリはSwift Playgroundsで直接App Storeに提出することができます。