iPhone 14 Proの最初CADレンダリング画像が流出か - ノッチのかわりに2つの穴が存在

IPhone 14 Pro 91mobiles

インドに拠点を置くテックブログ91mobilesが、iPhoneの次期モデル「iPhone 14 Pro」のCAD図面に基づいて作成されたとするレンダリング画像を公開しています(MacRumors)。

これまでの情報ではiPhone 14 Proは、ノッチが円形とピル型の二つの穴(パンチホール)で置き換えられると噂されており、この画像でもその穴の存在が確認できます。なお、丸い穴にはFace IDのドットプロジェクターが、ピル型の穴にはフロントカメラとFace IDの赤外線カメラが格納されるといわれています。

IPhone 14 Pro 91mobiles 1

背面はiPhone 13 Proとほとんど変わらず、トリプルレンズもカメラバンプ(筐体から突き出た部分)に収まっています。昨年の9月、著名リーカーJon Prosser氏は、iPhone 14はカメラバンプが無い厚い筐体を持ち、レンズ、LEDフラッシュ、LiDARスキャナが、背面ガラスと同一平面上にあると主張しましたが、これは図面の情報とは一致していません。同氏はまた新モデルが丸いボリュームボタンと、刷新されたスピーカーとマイクグリルを持つとしていましたが、CAD図面ではデザイン上の変更は行われていない模様です。

IPhone 14 Pro 91mobiles 3

Appleは今年、6.1インチ2機種と6.7インチ2機種の計4機種のiPhone 14シリーズを発売し、iPhone 12やiPhone 13シリーズに存在した「mini」モデルは廃止される見込みです。パンチホールディスプレイは上位のProモデルでのみ採用され、通常モデルは引き続きノッチが存在すると予想されています。

IPhone 14 Pro 91mobiles 4

またAppleは今年Proモデルと通常版モデルさならる差別化を図り、Proモデルが新しいA16 Bionicを搭載し、通常モデルはiPhone 13と同じA15を採用すると噂されています。この情報は信頼性の高いアナリストMing-Chi Kuo氏によるもので、情報が正確なものならば、AppleがiPhoneの新しいフラッグシップモデルで前モデルと同じプロセッサを再利用したのは、初代iPhoneとiPhone 3Gまで遡るとのことです。