MacRumorsが選ぶ5つのMac用アプリ - 2022年4月版

Pexels photo 1181244

Mac用のアプリは、iPhoneやiPad向けアプリと比較すると、あまり注目されることはありませんが、便利なアプリは常に開発され続けています。

今回、そのようなMac用アプリの中から、注目すべき5つのアプリをおなじみMacRumorsが紹介しています。どれも最近話題となっているアプリで、Macユーザーならば一見の価値があると思います。

それらのアプリは以下の通りです。

WebCatalog(無料)

S 20220501 105043

WebCatalogは、Webサイトをデスクトップアプリケーションに変える事ができる便利なアプリ。ブラウザのタブを切り替える煩わしさから解放されるほか、Spacesと呼ばれる機能を使い、同じような種類のウェブアプリケーションをコレクションにまとめることができる。制限をアンロックするには40ドル(ライフタイムライセンス)が必要。

AltTab(無料)

Frontpage

AltTabは、Windowsの「Alt-Tab」機能をMacで実現するためのアプリ。アプリ単位ではなくウィンドウ単位での切替を実現。ショートカットキーや外観を細かくカスタマイズ可能。

MonitorControl(無料)

Screenshot

MonitorControlは、外部ディスプレイの輝度や音量をコントロールし、ネイティブのOSDを表示するオープンソースアプリ。

Raycast(無料)

S 20220421 161419

Raycastは多機能コマンドラインランチャー。スクリプト、ショートカット、ファイル検索、システムの制御、クイックメモの作成、リンクのオープン、アプリの起動、クリップボード履歴の追跡など、多くの機能を提供する(過去のレビュー記事)。

ClearnShot X

S 20220501 110348

CleanShot Xは、スクリーンショットやビデオの撮影に最適なスクリーンキャプチャツール。画面上の好きなものをキャプチャし、注釈を付けて保存できる。クラウド機能に対応し、1画面に収まらないようなコンテンツでも、スクリーンレコーディングやスクリーンショットのキャプチャが可能。29ドルの一括払いで1年間のアップデートが保証される。

動画でも紹介されています。